おかゆさん家のもっさり系日記

ゲームとガンダムとかのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

僕はここにいるよ(ドラクエ2)


「・・・ん」

窓から差し込む朝の光で目を覚ます。

カレンダーを見て、ひとつため息。

「今日で5日目か・・・」

苦しそうに体を起き上がらせると、ベッドにかけられていた松葉杖を手にし、

ゆっくりと窓に向かい歩き出した。

「・・・」

暖かい日差しに目を細める少年。

腕と足には痛々しい程包帯が巻かれていた。

「アレス、サマンサ、すまない・・・」

ローレシア王子アレス

ムーンブルク王女サマンサ

2人とは半年ほど前に出会い共に旅をして来た。

リリザの町で王子アレスと出会い、

ムーンペタの町でサマンサと出会った。

ドラゴンの塔を越え、

船を手に入れ、

紋章を求めさまよい、

水門を開き、

ついには邪神の像を手にし、

大迷宮を突破し、

最後の地ロンダルキアに立った。


だが邪神官ハーゴンの城まであと一歩と言う所、

魔物との戦いで深い傷を負ってしまった。

医者から言い渡されたのは全治1ヶ月・・・。


アレスとサマンサの2人は今も戦っている。

だが、たった2人で倒せるほどハーゴンは楽な相手では無い。

3人のロトの血を引く者達が、

知恵と勇気と力を合わせて初めて悪を滅ぼせるのだ。

「・・・痛っ!」

さすった右腕はまだ痛む。

自分の境遇が情けない。

ボクがいなければ2人は本当の力を出せない。

1人でも欠けては駄目なんだ。

窓の外、無邪気な子供達の声が響き渡る。

邪神官ハーゴンの存在などまるでいないかのように。

しかし、この平和もいずれ蹂躙されてしまうのだろう。

邪神官ハーゴン

奴を倒さぬ限り、人々に本当の笑顔が戻る事は無い。

「・・・。」

窓越しにはるか遠くの空をにらみ付け、

少年は旅立ちを決心した。


怪我はまだ完治には程遠い、だが構うものか。

2人と合流して、戦いを続けよう。

いつまでも甘えてはいけない。


壁に立てかけてあるはやぶさの剣はまだ輝きを失っていない。

そして少年の瞳も、それに負けない強い輝きを放っていた。

「ボクは行くよ」

わずか10分で出発の準備を終え、ドアを開けた。

はやぶさの剣を松葉杖代わりにして、一歩ずつ前に進む。

「ボクはここにいる!ボクの戦いはこれからだ!」

必死に制止する医者を振り払い、少年は病院を後にした。

「アレス、サマンサ!今行くぞ!」

人々の心配をよそに、少年は町を後にした。







その頃、アレスとサマンサは邪神官ハーゴンを倒した(ついでにシドーも)



にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:ドラゴンクエスト - ジャンル:ゲーム

  1. 2010/12/04(土) 21:35:02|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ありそうで無いMSを適当に作って、適当に語る | ホーム | 馬車の中でぼんやりするだけの簡単なお仕事です(ドラクエⅣ)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ayane3438.blog56.fc2.com/tb.php/33-4a512c7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。